【スマホ版】Dota Auto Chess攻略 シャドウプリーストってどれぐらい使えるユニットなのか

2019年9月30日

先日のアップデートで実装されたシャドウプリースト。

この手のゲームで新しいユニットが実装されるとよくわからなくて使うのを避けがちです。

ただしこのシャドウプリースト、今までの新ユニットとは違い積極的に使っていったほうがいいユニットです。
頻度で言うと2試合に1回はお世話になるレベルで使います。
まぁそもそもガチャで引かないといけないという突っ込みはなしにしてください。

今回の記事はシャドウプリーストの使い方を紹介していきます。

 

シャドウプリーストの強さとは

種族グレーシャー
クラスプリースト
コスト3
HP510/1100/2200
アーマー5
攻撃力62/125/250
攻撃範囲3
攻撃間隔1.4秒

このユニットの強さは
・プリーストというクラス
・スキル

が強いユニットです。

プリーストの能力は単純明快、1体入れるだけでプレイヤーへのダメージを20%軽減してくれます。
つまり1体だけ盤面に置いておくだけでプレイヤーへのダメージを軽減することができます。

スキルのほうは「一番体力の低い味方ユニットを4秒間体力が0にならないようにする」というスキルです。
強すぎ。
マナが溜まるのが微妙に遅いので前衛にすることもよくある話。
★2になればどこに置いても確実に発動してくれます。

 

使い方

・負けたいときに使う

これは当然ですね。
このユニットの用途の9割は連敗目当てです。

プレイヤーへのダメージを20%も軽減してくれるわけですから連敗戦術などを手助けしてくれます。

毎回10点ダメージを受けるとしたら10回で死にます。
しかしプリーストを使い毎回8点なら12回は耐えられます。
極端で机上の空論という例って感じがしますがそれぐらい大事。

一番使うパターンでラウンド4からラウンド21ぐらいまで使います。

 

・グレーシャー要員

グレーシャーの種類が4種類から5種類に増えたのでグレーシャーを使う構成が安定するようになりました。

理想は祈祷師を外した4種類で構成を組むことです。

ついでにプリーストシナジーまで付いてくるので
グレーシャー構成は万々歳です。

 

まとめ

一言で言うなら強すぎるユニットです。

攻撃面は皆無ですが3Gユニットとしての能力を超えていると思っています。

自分の構成が強いとき以外は1体だけでも買っておくといいです。

 

関連リンク
オートチェスとは?https://daichan-blog.com/post-372/