【暴露話】コカ・コーラ約600億円の赤字 正直な感想を語る

2020年8月9日

タイトル画像

飲んだことのない人はほぼいないと言ってもいいぐらいの有名商品、コカコーラ。
その製作元である コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス の12月の決算で600億の赤字に転落する見通しが発表されました。

これを見た私は 「オワ・コーラざまぁw」 って思いましたね。
何を隠そう私は関係会社の元社員でした。

あまりにもブラックすぎる仕事内容だったのである程度勤めて辞めた過去を持っています。
売り上げが悪いとしわ寄せが下っ端社員に行くってことを体感しましたね。

そんな内情などにちょっと詳しい私が感想を語っていく記事になっております。

 

この際だから暴露したいこと殴り書きするわ

・コカ・コーラ業務内容

車運転して製品を運ぶ仕事しか知らないけど過酷です。
8時出勤して22時帰りとか当たり前。
その間ずっと車動かして製品を届ける。
休憩はないようなもんですね。
休憩してたら帰るのが遅くなるので。

上記を踏まえて、上司連中は
平気で追加の仕事を振ってくる上に平気で19時帰りとかですね。

店舗に製品を届ける仕事と自販機を回る仕事があるのですが、どっちも割に合いませんよ。
給与も高いわけでもなく、労働時間は長い。

事故率も高いですね。
ベテランだろうが新人だろうがやりますよ。
ひたすら時間に追われる仕事なので当たり前っちゃ当たり前。
取ってくる対策は精神論とたまに5分ぐらいのビデオを見るのみ。
事故とはその程度のものらしい。

 

・人について

上に立っている人は基本性格がキモい人間です。
仕事の煽りとか平気で飛んでくる。

下にいる人間はいい人というか何も考えてない人が多い。
そりゃこんな仕事を続けられる人はいい人が多いですよ。
辞めたくてもやめれない、そんな人だらけ。

 

・離職率について

高い。
私は1年近くやってましたが4人ぐらいは消えましたね。
ちなみに入ってきた人は3人。そのうち2人は消えました。

 

少子化が売り上げ低下の主な理由だと思ってる

これはシンプルにその通りだと思っています。

大人になるとジュースを飲む頻度は減っていきます。
もちろん全員がそうとは言わないけど日本人口1億2000万人単位で考えると間違いないでしょう。

コカ・コーラの売り上げは古参によって成り立ってると言っても過言ではないです。
現代っ子たちは現代のたくさんの魅力的な商品からコカ・コーラをわざわざ飲むかと言われると疑問。

 

新商品に魅力がない

とりあえず主な既存商品を羅列しましょう

コカ・コーラ
ファンタ
スプライト
ザ・タンサン

ジョージアシリーズ

爽健美茶
綾鷹

紅茶花伝
Qoo

アクエリアス
ミニッツメイドシリーズ

リアル・ゴールド
いろはす

 

という感じ。

確かに今羅列した商品はおいしいですよ?
しかしどれだけ長く存在している商品でしょうか。
そりゃぁ飽きますよね。

ちょっと味変わった商品が出ることが多いですが、どれもいまいち。
最近で言うとコカ・コーラエナジー。
あれ飲みましたが別々に飲んだほうがうまいですよ。
お互いの良さを殺してる感じ。

それに比べて他社は、コカコーラほど長く存在していないため、逆に新鮮なんですよ。
どの会社も長く存在はしていますが、コカ・コーラほどではない。
そして新しく出る商品がおいしいんですよ。
若い会社のほうがジュース作るのうまいのかな?その辺はよくわからない、謎。

 

よく飲む飲料を考えてみてほしい

あなたがよく飲む飲料をジャンル別に1つずつ選んでみてください。

炭酸飲料
コーヒー飲料
お茶
紅茶
スポーツドリンク

辺りにしましょう。

 

私の場合は

炭酸飲料:キレートレモン(ポッカ)
コーヒー飲料:金の微糖(アサヒ)
お茶:おーいお茶(伊藤園)・業務用の安いお茶
紅茶:午後の紅茶ミルクティー(キリン)
スポドリ:DAKARA(サントリー)
水:飲まん

っとまぁこんな感じ。
何が言いたいかというとコカコーラ製品が出てくる人少ないんじゃないですか?
別に私はわざと外しているわけではないんですよ。当たり前ですが。

私の周りではコカ・コーラ製品が出てくる人は少ないです。

 

まとめ

コカ・コーラはオワコン。

入社しようとしている人はやめたほうがいいですよ。
45歳以上の早期退職を募って若い人材は雇いたい、業務内容は当然ブラック。
貴重な若い人材が傲慢なブラック企業で働こうとしているのは心が痛いので強く止めたい。

というかコカ・コーラがなくなっても私は困らないので、さっさとつぶれたほうがうれしいですね。