誰かに相談する?ほとんどの場合無意味です【人生改革】

相談

みなさんは困ったとき、誰かに相談することって多いと思います。
それは普通の発想です。

しかしタイトルの通りそれはほとんどの場合意味はありません。

結論から言ってしまうと
自分で考える能力がないと相談しても解決まで持っていけません。

なんなら自分で考える能力があるとほとんどの場合一人で解決まで持っていけます。

今回はとある私の体験談を語ります。

 

とある私の体験談

私がとある頭の悪い連中だらけのブラック企業に勤めていた時の話です。

私は仕事に関しては合理主義で、このブラック企業の無駄で意味のない効率の悪い仕事に対して結構尖っていました。
そのせいか私はとある会社で上司にいじめを受けていました。

定時から1時間過ぎた夕方6時に
「A店の商品売り切れてそうだから行って来いよ」
とか言われたりしていました。
ちなみにA店片道1時間ちょい。
全部終わらせて、残りの仕事を終わらせれば家に帰れるのは夜の11時ぐらいですね。当然行きませんでしたが。

そんなことが多々ありうんざりしていました。
「そろそろ辞めるかな」と思って私とその上司の中間管理職に当たる人に辞める相談しました。

するとそのいじめ問題を解決するどころか、絶対に辞めさせない姿勢なんですよね。
ブラック企業なので当然人手不足だし、「代わりが見つかるまで無理」の一点張り。
そんなの私からしたら知ったことではないです。
何なら法律違反。

 

上記相談の意味のなさ

でもこれは私が悪いというか、まったく意味のない行動をしています。

だって冒頭に頭の悪い連中と書いている通り
頭の悪い連中に相談しても物事が進展するわけでもないし改善されるわけもない。

なんなら上司連中を変えることは出来ません。だって頭が悪いですもの。

ここで私が取らなければ行けなかった行動は

・法律に基づいて勝手に辞めて次の日出社しない

が正解なのです。
正確には退職の手順がありますが今回はそういう記事ではないので割愛。

これは私に自分で考える能力が欠如していたため、失敗しました。
最初から自分で考える能力があれば、この相談の意味のなさに気づいていました。

そして解決方法は上司をピー(自主規制)するか仕事から逃げるかの2択ぐらいしかないということも気づけていたはずです。

勝手に他人に期待してしまい、相談をしてしまったがために起こったことです。

 

まとめ

つまり

相談する前に自分で考えてみてほしい

ってことです。

意外とほとんどの場合自分で解決できます。

しかも自分で考える癖をつけると、自力もついてくるので自身の問題解決能力も上がります。
これは仕事でもゲームでもどんな時でも効果を発揮します。

物事がだんだんうまくいくように実感するときが来るので是非、自分で考える癖をつけてみてください。

 

オマケ 逆に相談してもいい人とは

・自分が信頼している人

その相談相手の能力にかかわらず、信頼している人相手ならマイナスが一切ないからです。
見当違いなことを言われても腹が立たない。

いい答えが返ってきたらうれしいですしね。

 

・自分より上の能力を持っている人

仕事だろうが遊びだろうが自分より上の能力を持った人にはガンガン相談するべき。

かならず自分のためになります。

 

 

つまり人を見る目が必要になってくるので、相談に値する人なのかをしっかり見るべき。