【スマホ版】Dota Auto Chess攻略 1位が圧倒的強者な試合での立ち回り【ルーク帯】

2019年9月30日

本日こんな試合がありました。

このツイートでは書きたいことを書ききれなかったので思い切って記事にしました。

というわけで今回は1位が強すぎる場合のおすすめの立ち回りを記載します。

 

その① 序盤、1位の人に追いつこうとしない

いつの日かの記事でも言った通り、1位の人というのはただ引きがいいだけで、どうあがいても序盤は追いつけません。
序盤はほぼ捨てて、冷静に自分の動き、構成作りをするべきです。
それで勝てるようになるとは言いませんが、最善の択ではあります。

 

その② 序盤は50G到達が最優先

1位が強すぎる試合で間違ってもしてはいけないことは序盤でのガチャ。

理由は当然回してもイーブン以下になる可能性が高く、安定性がないからです。
TFTみたいにユニット数が少ないなら回す価値はありますが・・・。

ツイートではゴールドは多めに使うと書いてありますが、勘違いしないでほしい。
「いつもより多めに使う」というのはいつもガチャをするタイミングで多めに使うだけで序盤は即貯める一択です。

私の場合はレベル7にしてからガチャをします。
使う額は状況に応じてですね。
ツイートの試合ではラウンド17で60G→6Gになるまで回しました。
普段は50G残す場合と40G、30G・・・と10の倍数単位で残るよう回します。
もちろん正解かは謎なので参考程度にお願いします。

 

その③ ゴールドはレベル7までとっておき、2位を狙う

はっきり言ってルーク帯にもなると序盤の圧倒的ガチャ運を覆すことは早々なく、
そのまま1位を取られることが多いです。

つまり2位を狙うことになりますが、あなたはどのようにして狙いますか?

私の考え方はツイート通りです。

1位の人と全員が平等に当たると考え、どれだけダメージを減らせるかで周りとの差を作る。
どうせ他の人と当たってもほぼ差はないので、1位対決で被弾を抑えられた人が勝つという考えです。
ツイートの試合画像では敗北数が10以下で亡くなってることもあるうえに、総ラウンドもたったの31です。
これは1位と当たったときに20点ぐらい持っていかれている方が多いためですね。
私は毎度7点ぐらいでした。

後半に当たれば当たるほど打点が高くなるので、序盤HPを捨てて金を貯め、後半強くします。
盤面が圧倒的に強いプレイヤーに、序盤に負けるのと後半に負けるのでは打点が全然違いますからね。

つまりお金は出来るだけ貯めて、一気に放出して1位の襲撃に備えれば2位は狙えます。

普段通り貯め続けているだけでは平気で1ラウンド20点持っていかれますよ。

 

まとめ

一応書いておきますが、ツイートの試合は運が悪めです。
見ての通り致命も★1で終わってるし、ラウンド12まで★2は0体でした。

体力もラウンド20で残り25でした。
連敗ボーナスはラウンド5~16で途切れています。

そんな中でも2位を取れたのは、ダメージをきっちり抑えられていたことが画像からも分かります。
3位の方が死んだラウンド28では、私のほうが1敗北しているのにも関わらずHPが20残っていました。

前半の連敗よりも後半の1敗のほうが重いです。
覚えておきましょう。

 

関連リンク
オートチェスとは?https://daichan-blog.com/post-372/