Dota Auto Chess攻略 ハンター6に合う前衛を教えます

2019年9月30日

なぜか今ハンター6する人が増えてる気がするけど気のせいだろうか。

 

本題

ハンター6構成をやるとき皆さんはよく負けませんか?

それはもちろん前衛が弱いからです。
なんなら前衛を屈強にしても負ける人も多いと思います。

結論を先に言うと
ハンター6は相性のいい前衛を組み合わせないと勝てません。

適当にハンターを6体並べて適当に前衛を並べるだけで勝てるクラスではないです。

というわけで相性のいい前衛を紹介していきます。

 

相性のいい前衛

プレイヤーのレベルは9を想定し、ハンター6は固定のものとします。

その①  不死の騎士+オムニスナイト+デーモンナイト

鉄板のナイト3。

ルナ、ドラゴンナイト、トロルナイトを並べた瞬間勝てなくなるので注意。

単純に硬く、アンデットも発動できるのでこの組み合わせが一番スタンダートだと思います。

自身のレベルが7や8の時は、状況にもよりますがナイト3優先です。

 

その② トレント+エルフ3

もう少し詳しく言うと
ミラーナ、エルフの射手がいる状態でトレント★3を置くことです。

めちゃくちゃ硬い上にエルフで多少回避してくれるのでかなりいい前衛です。

トレントが★3になる場合はローンドルイドもいると思うのでついでに投入することも可能。

理想はトレント、ロンドル、アンデットで3枠を埋めることですね。

アンデ要因として不死の騎士を単品で設置するのもありです。

 

その③ クンカ+ライカン+タスカー

こちらは若干リスキーですが全員★2以上ならアリ。

クンカが決まればこちらの攻撃回数も増える、
ライカンが分身すれば時間を稼げる、
アンデットがない代わりにビーストで攻撃力を上げる といった構成。

クンカのスキルが発動しない場合は負ける確率めちゃくちゃ上がるのでリスキー。

体感ビーストよりアンデットのほうが敵を倒すスピードは速いですが、前衛の硬さとシナジーを一緒に取るとこの構成になるのは仕方ないです。

しかし十分優勝を狙える程度には強いのでお勧めです。

 

その④ ハンター6、エルフ6

レベル10限定構成。

ほぼ完成しない上に道中はとても不安定で体力がなくなることもよくある。

どちらかというとエルフ構成の延長線上で狙う場合が多いので、
ハンター構成として狙うことはほぼないでしょう。

 

おまけ 前衛を諦めてアンデット4

こちらもレベル10限定です。
正確にはレベル10じゃないととてもじゃないけど勝てない。

前衛を不死の騎士、タイドハンター、ビーストマスターに任せてひたすら相手を1体ずつ倒す構成です。

タイドが発動しなかったら負ける確率がかなり上がるのでリスキーな構成。
つまりタイドが★2なら勝てます。

 

まとめ

基本的に上記のその①とその②を狙えばいいでしょう。

特にトレント構成なら枠が余り、いろいろ試せるのでお勧めです。

 

関連リンク
オートチェスとは?https://daichan-blog.com/post-372/