【新ユニット】Dota Auto Chess攻略 不死の魔女リッチ、スヴェンの使用感

2019年9月30日

5月25日のアップデートで追加された2体の新ユニット、
スヴェン・不死の魔女リッチ。

アップデート内容はこちら
Dota Auto Chess攻略 5月25日アップデート考察

今回の記事では新ユニット2体を実際に使ってみたので使用感を書いていきます。

 

使用した試合

スヴェン★2と不死の魔女リッチ★3を使いました。

なぜかスヴェンの★が紫色ですが、5Gユニットなので間違えないように。

 

スヴェン

超強いですね。

★2で体力が2600ぐらいあったはず、さすがの耐久。

攻撃力もとんでもないです。
一振りで謎エレ★1の体力を3分の1は削ってました。
多分300ダメージちょい。
そしてその50%の攻撃力で、周り2マスへの範囲攻撃を行うため、出てるダメージはとんでもない数値です。

彼はデーモンなのでピュアダメージも換算されているため、ナイトなどにも多少強く出れます。

★1は意外とすぐ溶けるため、ROUND30以上の単体出しは推奨しません。

 

不死の魔女リッチ

本人の性能は微妙。
シールドが後衛につくか前衛に付くかで天と地の差。
安定はしないため多用は禁物。

マナはティンカーよりマシ程度に貯まるのが遅い。
そのため、シールドのダメージにはあまり期待はできない。
リッチ★3+リーライ入りだと試合開始3秒ぐらいで発動するので強キャラへと変貌します。

このユニットの利点は、アンデット・メイジという種族&クラスが優秀すぎるところ。

アンデット2を雑に突っ込みたい場合は遠慮なく突っ込んでもいいです。
なぜならアンデットはどれも弱いユニットだらけなので誰を入れてもそこまで変わらないからです。
流石にナイトハンターをやる場合は不死の射手、不死の騎士で固定ですが。

メイジ構成にする場合は3→6にする場合のみ入れるのが理想。
なぜならメイジ3の3枠はリーライ、雷エレ、老魔導士で固定されているからです。

今回の試合ではROUND10で★2になってしまったので仕方なく一生入れてましたが
マナが本当にたまらない。
前衛が2~3体落ちてからやっと貯まるぐらい。
単体で入れるのはできれば避けたいユニットです。
ただこのゲーム、前半は引きに逆らえないので★2になったら使うべし。

 

まとめ

今回のアップデートでアンデット2構成を作る方が多くなっている印象を受けました。

不死の魔女リッチは★2アンデットということもあって使用されている割合も多く感じます。

スヴェンは積極的に、不死の魔女リッチは状況を選んで使っていきましょう。

 

関連リンク
オートチェスとは?https://daichan-blog.com/post-372/