Dota Auto Chess攻略 -ウォリメイジ編ー【序盤引き悪い】

2019年9月30日

今回はウォリメイジ構成の紹介です。

この回は前半の引きが悪く、ROUND15時点で
タスカー★1
ジャガノ★1
ジャガノ★1
スラーダ★1
岩エレ★2
雷エレメント★1
という構成になってしまいました。

当然ROUND15も負けましたが最終構成ウォリメイジで2位になれたので
プレイングなども紹介していきます。

ウォリアメイジ概要

ウォリアー(3/6/9)・・・(アーマーが5上がる/さらに7/さらに9)

メイジ(3/6)・・・敵全員の魔法体制(35%/45%)下げる

ウォリアー(10種類)

1Gアックス
1G岩のエレメンタル
1Gタスカー
1G盾の神マルス
2G剣聖ジャガノ
2Gスラーダー
3Gライカン
4G海賊王クンカ
4Gトロルの戦将
4Gドゥームデーモン

メイジ(8種類)

1Gオーガマキ
2Gフェアリードラゴン
2G魔女リーライ
3G雷のエレメンタル
3G天才魔導士リナ
4G光の老魔導士
5G不死の魔女リッチ
5G雷の神ゼウス

狙う条件

序盤でウォリアが固まったら。

ウォリ構成を作る場合、後衛から作ると前衛が即死して負けまくります。
前衛を揃えることに集中しましょう。

 

今回の立ち回り

序盤(レベル6まで)

引き悪おじさん発動。
上記の通りROUND15まで弱すぎました。

ーROUND15時点ー
盤面
タスカー★1
ジャガノ★1
ジャガノ★1
スラーダ★1
岩エレ★2
雷エレメント★1
ベンチ
フェアリドラゴン★1
フェアリドラゴン★1
スラーダ★1
タスカー★1
岩エレ★1
スナイパー★1
エルフの射手★1
恐怖のデーモン★1
といった感じでした。

何とか★2を作ろうと必死でしたが揃わずといった感じで体力も55%ぐらい。

岩エレがROUND4で★2になったからダメージは若干抑え目。

引きが悪いときに前半を生き残るコツは2シナジーと単体で強い駒です。
今回の場合はウォリアのアーマー増加と岩エレを生かしたエレメントバフで序盤を耐え忍びました。
雷エレが来る前は恐怖のデーモンで耐えてました。

ガチャはもちろん引いてません。
とにかく50Gを目指して貯めて、利子(10Gの倍数)のあまり分で駒を売り買いしてました。

 

中盤(レベル8まで)

ROUND16開始時、50Gになったので、ROUND17で7レベルになりました。

その間にタスカーとルーンドルイドを引けてたので進化&即出し。ビーストも発動。
ハンター軍団を売ってアックスの★2も引けてました。オーク発動。
なぜ他のリーチが来るよりもアックスが3体来るほうが早いのか( ;∀;)

当然まだ負けましたがROUND18からガチャ解禁。
盤面が弱すぎたので40Gまでガチャる予定で回しましたがジャガノと戦将が来たので
50G調整で打ち止め。

ROUND19ではライカンをやっと引いてこんな感じ
アックス★2
ジャガノ★2
ライカン★1
戦将★1
岩エレ★2
雷エレ★1
ルーンドルイド★1

ここから雷エレも重なり5連勝しました。

一見弱そうに見えますが
ウォリ3、エレ2、オーク2、ビースト2が発動してるので意外と硬いんです。

ガチャは中盤で15回ぐらい回しました。50Gは一生キープです。

終盤 (レベル10まで)

ROUND30時点でクンカ、ドゥームなし。絶望。

今回はROUND36で2位の私が力尽きたので終了しました。
つまり1位の独走状態ですね。
周りのみんなも後半伸びなかった模様。

最終盤面はこんな感じ
ジャガノ★3
ライカン★2
アックス★2
戦将★2
岩エレ★2
クンカ★2
雷エレメント★2
老魔導士★2
フェアリドラゴン★2
ルーンドルイド★2

ウォリ6、メイジ3、エレメント2、オーク2、ビースト2、ヒューマン2ですね。

ウォリアの汎用性の高さを生かしてうまいこと組み合わせられました。

ジャガノに瞬間移動の剣を持たせて後衛ぶった切るの超気持ちよかったです(#^.^#)

 

まとめ

今回はROUND5以降引きが悪かったと思いますが、プレイングで勝てた気がするので大満足です。

ジャガノが★3になれたのだけは運よかったかな・・でもジャガノって余りやすいしガチャでよく出るしどうなのか。

ウォリアは運の要素が一番ないクラスといっても過言ではないと思いますので引きが悪くても
いろいろ組み合わせてみてください。

でも運の要素が一番ないクラスといってもこのゲーム自体運要素強めなので
ウォリア使えば運要素が消えるわけではありません。
ツモにあった動きをしてください。

以上。

 

関連リンク
オートチェスとは?https://daichan-blog.com/post-372/