Dota Auto Chess攻略 -神メイジ編ー

2019年9月30日

神メイジの盤面が来たので記事にしてみました。
参考程度にどうぞ。

神メイジ概要

神(1/2)・・・他の種族スキルが発動していないとき、スキルのクールダウンを(50%/さらに50%)下げる

メイジ(3/6)・・・敵全員の魔法体制(35%/45%)下げる

スキルのクールダウンを75%カットしてメイジのスキルで攻める組み合わせ。

神(2種類)

1G盾の神マルス
5G雷の神ゼウス

メイジ(8種類)

1Gオーガマキ
2Gフェアリードラゴン
2G魔女リーライ
3G雷のエレメンタル
3G天才魔導士リナ
4G光の老魔導士
5G不死の魔女リッチ
5G雷の神ゼウス

 

狙う条件

体感ですが
ROUND10までに盾の神マルスが★2になれば狙える。

マルスが★1なら即座にやめたほうがいいです。

 

オススメの立ち回り

序盤(レベル6まで)

盾の神マルスを中心に立ち回ります。

常に神のスキルを発動し、適当な★2の駒を作りながらROUNDを進めてください。
ウォリアー3種も組み合わせられる場合がほとんどなので組み合わせたほうが序盤勝てます。

序盤は種族がかぶりにくいため神のスキルが発動しやすく、連勝ボーナスがもらえることも多いため、
8レベルまでガチャを回さないことを目標にしてください。

中盤(レベル8まで)

リーライか前衛が★2にならなかった場合は神を諦めたほうがいいです。
せっかくクールダウンを短縮してもマナが足りずにスキルを打てない場合が多いです。

神メイジはヒューマンの枠がリーライで固定されるので、クンカや老魔導士が★2になった場合はウォリアーメイジへ切り替えたほうが強い場合もあります。

上記に当てはまらない場合は神メイジを目指しましょう。

終盤 (レベル10まで)

神メイジは火力が高い代わりに、耐久面がぺらっぺらなことに気づきます。
そのため終盤戦に来る頃には自身の体力がないでしょう。

ひたすらに自身の持ってる駒の★を上げることに専念してください。

自身のHPが30%以下の場合はレベルと新規駒を諦めてガチャを回したほうがいいです。

ゼウスを引けてない場合は1位を諦めてください。

 

理想のパーティー(諸説あり)

1G盾の神マルス(必須)
2G魔女リーライ(必須)
3G雷のエレメンタル(必須)
5G雷の神ゼウス(必須)
3G影のデーモン
3Gベノマンサー
4Gデーモンウォーリアー
4Gトロルの戦将
5Gタイドハンター
5G不死の悪霊使い

神2、メイジ3、ウォーロック3です。
デーモンは2体いるので発動なしです。

実績

マルス★2
岩のエレメンタル★2
トロルの戦将★2
リーライ★2
フェアリードラゴン★2
ゼウス★1
不死の射手★2
メデューサ★2
エルフの射手★2

ウォリアー3、ハンター3、メイジ3、神2です。
これで4位でした。欲張りすぎたのと前衛柔らかすぎた。

 

まとめ

序盤強いのでやってて楽しいですね。

他の組み合わせに比べて
最終形態になるまでの駒の入れ替える数が多くなるので
柔軟な立ち回りが要求されると思います。

柔軟に立ち回れる分、神を諦めても他の選択肢が残ることが多いので
引きが悪くなった場合の逃げ道もあるのは強みに感じました。

関連リンク
オートチェスとは?https://daichan-blog.com/post-372/