日本の未来は暗そう、労働する人いなさすぎ

2020年8月9日

高齢化が進む日本。

働けなる人がたくさん増えそうになっている中で、
実は既に働いていない人はたくさんいました。

 

就職氷河期世代の引きこもりが多い

内閣府の数値なら信憑性はあるでしょう。

40~44歳の引きこもりが61万の25%なので15万人ぐらいいることになります。

彼らには再就職の能力がほとんどないです。
彼らが日本の労働力となるのは難しいでしょう。

そして今、世間では45歳からの社員損切みたいなのも始まっています。
https://daichan-blog.com/post-287/

40代の人たちまで働かなくなっていくのは危険すぎます。

労働できる日本人がどれほど減るか見当もつきません。

 

まとめ

若手が損する社会というのが実現していきそうです。

そしたらみんなは日本から逃げるのかなぁ。