【カタン】勝てない人たちの特徴3選。これを直せば勝てるようになります。

最近カタンというボードゲームをプレイするきっかけがあり、
何戦かプレイしました。

見事惨敗ッ

それもそのはず、私が負けた原因はとてもわかりやすいものでした。

ちなみに私が初心者だったかつ、周りが経験者ってのもありますが、
そんなことは関係なしに考え方次第ではなんとでもなります。

ではみていきましょう。

 

特徴1 数字人間

サイコロを2個降った時に出る目の確率って皆さんぱっと出てきますか?

私は出てくるタイプだったので
見事ドツボにはまり間違った戦略へと身を運びました。

6、8、
5、9
辺りを抑えにいけば大量に資源が取れる確率が高いので
必然的に勝率も上がるッ!

とか考えちゃうんです。
当然負けます。
カタンとはそういうゲームです。

別に間違ってはいないんですが、
数字の確率だけを考えるだけで勝てたらみんな勝てます。

ただ私のような数字人間は、他の要素に全然気がいかないので
負けやすい。
ソースは私。

 

特徴2 無能レベルの初期配置

初期配置は多分一番重要。
ここで勝敗が決まると言っても過言ではない。

何も考えず数字の高いところのみ置いていると負けます。

 

特徴3 ワンパターン戦法

このゲーム、戦法が意外とたくさんあります。

初心者の私ですら10通りぐらいは思いつく。

それぞれマップや数字、配置によって有効だったり効率が悪かったりする
ので様々な戦法を用意しておくべき。

つまり自分で勝ち方を決めて突っ走るタイプの人間は負けます。

 

ではどうすればいいのか

まず、数字以外の物に目を向けましょう。
そして勝因になるものを考えてみるべき。

例えば、道のコスト。
土、木で道ができるので、初期配置で土、木がとれている場合は
道戦法が使えたりします。
逆に片方しかとれていない場合は、かなり効率が悪いようにも見える。
片方とったら片方取るべきな気がする。

もう一つ思いつくのは貿易。
2:1交換、3:1交換は一見損だけど、多用することになります。
港に向けて道を伸ばすよう初期配置したり、
なんなら初期配置で港をとっておくことも視野に入れるべき。

 

まとめ

数字だけを考えないようにすれば、
いろんな可能性が見えてきます。

ってかこんなに数字意識してたの私だけでしょうか・・・。