本田望結の「逃げた道っていうのは行き止まり」について

2020年6月3日

こんにちは、だいちゃんです。

yahooニュースで本田望結(14)にインタビューしてる記事があったので
覗いてみたら、姉に

「逃げた道っていうのは行き止まりしかないよ」

という助言をしていたと書いてありました。
リンク先はyahooニュースの記事

14歳でこの発言はおどろきました。
相当社会にもまれた人の発言だと思います。

ただ私はこの言葉が良いとは思わないんですけどね。

この考え方の良いところと悪いところを記載します。

 

良い点:目標に向かって一直線で進める

逃げることを考えずに、ただひたすらに進む考え方であると思います。

この考え方はスポーツ選手など専門分野を持つ人にうってつけの考え方です。

目標や将来の夢が決まっている人は、とても良い言葉に聞こえると思います。

 

悪い点:可能性をつぶす考え方である

逃げるということは「他の道を探す」という言葉と同じだと思います。

世の中の大半の人は目標や夢を決めるのに時間がかかります。

そんな人たちはいろんなことに挑戦し、挫折し、成功を掴みます。

私みたいに、自分が何がしたいかわからないけどとりあえず生きるために働いていた人に
逃げることを辞めさせると絶望しかありません。
つまり向いてない、楽しくない仕事を永遠と行う機械になります。

なんなら小さいころからの夢であったプログラマーという夢を私は叶えたのですが、
ブラックすぎて1年で辞めました。
逃げなかったからと言って、よい人生が掴めるとも限りません。

 

まとめ

大体こういう考え方は

ブラック企業やブラック上司が大好きな考え方なんです。

多分、本田望結もそうやって14年の人生を歩んでると思います。

ただそういう人たちは個人の能力で言えば優秀です。

凡人たちと比べて努力している量が段違いなので。

優秀だからこそ、逃げることを許しません。

ですが、私は凡人というのは
逃げて逃げて逃げまくって
可能性を試して成長するものだと思っているので
この考え方は合わないです。

なんなら行き止まりというのは
「自分が足を止めているだけ」です。
行動し続けることこそが大事。

最後に

本田望結14歳でこんなインタビューしてるってすごいですよね。

私こんな受け答えできないよ(´・ω・`)

将来大物かも。