韓国も崩壊の前兆が来てます

こんにちは、だいちゃんです。

最近何かと話題の韓国ですが、こんな記事を見つけました。

出生率が1.0を割る国なんて初めて聞きました。

日本の出生率が低いことはみなさんご存知だと思うんですが、
韓国も負けてないですね。

ちなみに出生率とは1世帯辺りの出産人数です。
1世帯の夫婦2人が子供を2人産めば出生率は2です。
つまり出生率が2未満の国って人口が減っている傾向にあり、
単純に崩壊の前兆来てますよね。

まぁ2未満なら大げさな話ですけど
1.5を切ると流石に怖くなってきますね。
それが0.98って・・想像するだけで怖い。

原因が
・非正規職の増加
・住宅費の高騰
・教育費
・女性の働きにくさ
とみているらしいですが

日本も似たようなとこありますよね。

個人的に一番大きいと思っているのが教育費。
学歴社会の考えが抜けない日本は、大学に行くのが必須と考えている人が多く、
そのために4年という長い無駄な月日と、300万以上の金をかけるのが
当たり前と思われてることですね。

将来、韓国への移住や旅行は危ない?

私は以前の記事で
2050年の日本は犯罪大国になる
というのを語ったのですが、
ジム・ロジャースさんの考えが正しいなら
少子化が進んでいる韓国も同じであると思います。

2050年を待たずとも韓国も犯罪大国になってる可能性があるので
韓国に足を踏み入れるのが危ないという時代が
来てもおかしくはないですね。

まとめ

人生一度は韓国にも行ってみたいという方は、
早めに行ったほうがいいかもしれませんね。