【ポケモン剣盾攻略】ランク対戦、ドリュウズの特性選び方・育て方

2019年12月10日

taitorugazou

私も最近ようやっとドリュウズを使い始めてみました。

https://twitter.com/Daichanblog/status/1203647187650957312

しかしドリュウズの特性は優秀な特性が3つもあります。

-すなかき(天候がすなあらしの場合、すばやさ2倍)
-すなのちから(天候がすなあらしの場合、 自分のじめん・いわ・はがねタイプの技の威力が1.3倍)
-かたやぶり(相手の特性を無視して攻撃)

私の目にはすべて優秀な特性に見えるので3つとも生かせるよう
いろいろ考えました。

 

特性の選び方・育て方

-すなかき

バンギラスかカバルドンは必須となる特性。
一応、今作はダイロックを使用すれば自身で天候を砂嵐にできますが、
ダイマックスは状況に応じて切ったほうが強いのでダイロックによる砂嵐は前提としないほうがいいでしょう。

【育成】
すなかきを採用する場合はいじっぱりのすばやさ無振りでいいと思います。
ちゃんと個体値を厳選した場合、すばやさの実数値は108になり、
すなかきを発動すれば最速ドラパルトも抜けます。

 

-すなのちから

上級者向け特性。
パワーしか上がらないのでどのようにしてパワーを押し付けるかの戦略が必要。

【育成】
初心者はようきの最速にしたほうがいいと思います。
せっかくのパワーも先制しなければ意味がないですからね。
もちろんこうげきも努力値252で。

とはいえすばやさの種族値は88と微妙なラインなので
戦い慣れしている人はすばやさは捨てたり調整したりして
耐久に回したほうがいいと思います。

 

-かたやぶり

ミミッキュやロトムを倒すための特性。
ヌオーの天然なども貫通するのでとても便利。

天候を取る必要もないので
相手のパーティーに砂要因がいないならほぼ「かたやぶり」でしょう。

【育成】
こちらはようきASぶっぱ一択です。
なぜならロトムを確殺できるから。
スカーフを警戒するならきあいのタスキを装備推奨。

 

まとめ

ドリュウズは雑に使ってもかなり優秀なのでぜひ使ってみてほしい。