【ポケモン剣盾攻略】ポケジョブで努力値を振ろう。仕事中など時間がない人の味方です。

2019年11月25日

ポケットモンスターソード&シールド記事、今回はポケジョブの紹介。

ポケモンセンターの中にあるパソコンからアクセスできる機能です。
この機能を使うとNPC達が仕事の依頼を出し、こちらはポケモン一匹を派遣して仕事をクリアし、報酬をもらうことができます。

仕事は時間経過でクリアすることができます。
つまり放置しておけば勝手にクリアしてくれる。

 

依頼画面

こんな感じで依頼を選び、ポケモンを派遣します。

クリアすると報酬がもらえますが・・

ぶっちゃけほとんどの依頼は放置でいいです。

 

ゼミの依頼

今回の記事のメインです。
依頼の一番下に6種類のゼミがあります。

このゼミ、依頼を受けポケモンを派遣すると・・
なんと帰ってくると努力値を入手しているのです。

例えば体力ゼミに派遣すると派遣した時間に応じて
HPの努力値が手に入ります。

 

もらえる努力値表

普通に預けると1時間で+4,24時間で+96とかなり効率が悪い。

しかしこの+4という数字にはポケルスや対応するパワー系のアイテムの数値が乗ります。

パワー系アイテムで+8、ポケルスで2倍になります。

パワー系アイテムのみで1日放置すると+252の努力値を振れるので
私のおすすめは1日放置です。

 

注意点

一見便利なポケジョブですが落とし穴が一つあります。

まぁほとんどの人は問題ないと思いますが、Switch間のデータ移行をする際に
ポケリフレの派遣時間が元通りになってしまいます。

例えば1日派遣を選び10時間後にSwitchのデータ移行をしてしまったとしましょう。
するとポケリフレの派遣時間は残り14時間のはずが24時間に戻ってしまいます。

まぁ考えてみたら当然ですよね。
Switchの時間をずらしていたら実質24時間待たずに依頼を完了できたりします。
そういうズルをさせないための措置だと思います。

 

まとめ

パワー系アイテムを装備して1日放置で+252の努力値を振る。
これが一番いいでしょう。

ポケルスは伝染させるのが面倒なうえに、経験値分配による努力値分配でミスが発生する確率もあるのでパワー系のみをお勧めします。