【N国党】NHKはNHKが最高裁判で負けた事実を隠蔽。事実?デマ?

本日16日、N国党立花氏のYoutubeチャンネルでとんでもない動画が投稿されていました。

タイトルの通り、NHKは受信料裁判に負けたことを隠蔽しているとのこと。
事実ならとんでもないことです。

とはいえ立花氏が自分のチャンネルに動画を投稿しているので事実である可能性のほうが圧倒的に高いので拡散がてら記事にしました。
私もNHKを壊してほしいと願う国民の一人ですからね。
ガッツリ拡散していきます。

 

裁判の概要

構図としては「NHK vs 掛川ビジネスホテル」です。

日本の裁判は三審制と言って簡単に言えば裁判を3回行えます。
1回目が不服なら控訴して2回目へ、2回目が不服なら上告して3回目へといった形。

今回の「NHK vs 掛川ビジネスホテル」戦は、
1回目、2回目ともにNHKが不利になり、控訴、上告を行いました。

しかし最高裁判所(3回目の裁判を行うところ)から上告不受理の通知があり、
実質掛川ビジネスホテルの勝ちが決まりました。

 

裁判の内容

平成29年11月4日に掛川ビジネスホテルはNHKとBS契約を結びました。
その後、同じ月ですが
平成29年11月27日にパラボラアンテナを撤去することになりNHKと地上契約を結びなおしました。

11月分の料金はBS料金?それとも地上料金?という内容です。

私は素人なのでどちらが正しいのか正直予想すらつきません。
しかし裁判で地上料金と言っているのだから地上料金なんでしょうね。

 

何が問題なのか

NHKが負けを隠蔽していることです。
裁判の結果は11日の金曜辺り、つまり5日前辺りに出ているらしいのです。
確かに今のところどのニュースサイトも記事を出していません。
本来裁判の結果なんてすぐニュースになります。

この裁判が事実なら
「地上契約をしているけど値段が高い方のBS契約料金で支払わされているホテル」
に合計何千万というお金を返さないといけなくなります。

この事実が公になるとNHKは何千万という金を返さないといけなくなりますが、
それを隠蔽しています。

 

まとめ

受信料の取り立ては容赦なく行うけど、自分達が払う金、
自分たちに不利な情報は流そうとしない。
汚い組織ですね。

あと立花氏の話はとても分かりやすい。
勉強になりました。