【スマホ版】Dota Auto Chess攻略 ウィンターワイバーン実装 使用方法などを紹介

2020年8月9日

PC版オートチェスをプレイしたことのある方はご存じの冬のドラゴンことウィンターワイバーンですが、
ヤツがついにモバイル版にも出現しました。

PC版の実装当時はまさに環境崩壊の一言。
バグも合いまって最強の1Gユニットとして君臨していました。
数日でナーフされるも2Gユニット並みの強さは健在で2回以上ナーフを食らっていたと記憶しております。

モバイル版では果たしてどうなってしまったのか。
今回はそんなウィンターワイバーンについて紹介していきます。

 

性能

ウィンターワイバーン(1G)

オリジン ドラゴン
クラス メイジ

攻撃間隔 1.4
攻撃力 47/95/190

スキル
HPが50%以下の味方ユニットを凍結させ、毎秒20+10%のHPを回復し敵に攻撃されないようにし、2秒持続。

 

一言でいうならスキルが魅力的なユニット。
lolで言うリサンドラのultを使えるユニットです。

 

実際に使用してみたら・・

あれ・・意外と普通。
流石にPC版でのぶっ壊れ具合はない模様。

PC版では回復量が異常なほど高く、凍結したユニットは敵の攻撃を吸ってくれます。
つまりスキルが続く限り永久タンク。
スキルが終わるころには体力ほぼ全回復済。
ダズルのスキル涙目。
といった状況でした。

しかし実際に使用してみるとスキルの回復量も適量で、ちゃんと攻撃も吸いません。

割と普通のユニットとして機能しています。

 

ウィンターワイバーン使用方法

-ドラゴンメイジ構成
-メイジ6構成
-ディヴァインメイジ構成

に入れるのが基本。

序盤の★2作り合戦での強さは中の中。
攻撃性能が乏しいため、優先度はそんなに高くないです。
ただし自陣に強い前衛が存在する場合は優先度が上がります。
その前衛を延命させることができるためです。

 

環境の変化

一番大きいのはドラゴンユニットが4種類になることです。
ドラゴン構成が組みやすくなり、ドラゴンナイト主軸による構成が流行るでしょう。

 

 

オマケ アプデ後、ランクマッチがバグっています

https://twitter.com/Daichanblog/status/1175338907241603072

いくら大型アプデ後だからと言っても
これは正直キレかけましたね。

負け試合だけポイントが減って勝ち試合はポイントが増えないです。

しかも負けた試合はラウンド20時点で所持G20、★2が3体。6位で終わり。
勝った試合は21ラウンドでゴブ6が完成するほどの爆運でした。

キング3の292ポイントスタートから、不運な試合だけ反映され、274ポイントになっただけです。

こんな理不尽なことあるのか。
ロールバックを求む。

 

まとめ

ウィンターワイバーンは割とまともなユニットだったので戦略が広がると思います。

ランクマッチがバグっているため、あまり検証はしていませんが、多分問題ない性能でした。

ランクマッチが治り次第、ウィンターワイバーンでドラゴンライフを楽しみましょう。

 

関連リンク
オートチェスとは?https://daichan-blog.com/post-372/