絶対理解できます!VPNとは?初心者向けに簡単に解説します【IT用語集】

学習中や職場で、出てきそうなIT用語を
IT業界人の私が、
バッチリ解説していくコーナーです。

今回は

VPN

というものが何か解説していきます。

 

あなたの所属している会社のネットワークにも
VPNが設定されていると思います。

 

読み方

ぶいぴーえぬ

 

正式名称

Virtual Private Network

 

概要

Virtual Private Network
読んで字のごとくです。

ネットワーク上に、
仮想の専用ネットワークを設定できるので、
その仮想の専用ネットワークのことです。

特定の人達が利用できるように、
セキュリティ設定をすることができ、
通常のネットワークより安全なのがウリ。

通常のネットとの違いなくない?

「いつもユーザーたちは
普通にネットワークに繋いでるんだし
ネットワークのセキュリティ向上させれば
VPNとかいらなくない?」

って普通思いますよね。
私だけでしょうか。

でもそれは実現不可能です。

どんなしくみも必ず穴があります。

 

例えば

刑務所間、囚人を移送させる場合、
逃げ出さないように厳重に運び出しますよね。

でも車をミサイルで爆破したり、
1万人がかりとかで攻めれば
どうしようもないです。

VPNは、刑務所間をダイヤモンドのトンネルで
固めるイメージ。
そうすれば襲われても、よっぽどのことがない限り
安全です。

まぁそれでもハッカーたちが全力を出せば
容易にハッキング出来るらしいですが・・
(だからこそ新作ゲームのリーク情報も広まる)

まぁ、世の中に完全無敵なものは存在しないというやつです。

まとめると、
VPNは
通常のネットワークより、
遥かに強固なネットワークということです。

 

どんな時に使う?

例えば、よく広告に出てくる
ジョブカンと言うサイト。

ググればログイン画面まで入れます。

ただし、ログインできたとしても、
ジョブカンを利用している会社の
VPNを使わないと、勤怠管理画面まで
行けない仕組みになっていると思います。

ちなみに、こんな感じでVPNを
利用しているシステムは
他にもいくらでもあります。

 

まとめ

VPNとは、
仮想の専用ネットワークのことです。

 

この解説で、一人でも理解者が増え、
日本のITが少しでも加速してくれれば幸いです。
いや、幸いすぎる。